フリーランスでのリスク

フリーランスで働く時、自分の強みを生かしたビジネスを行いますが、当初はそれで良くても、次第に仕事量は減ってきます。それは新しい技術が出て来て、より効率的な方法が取り入れられ、それを使える新しいフリーランサーが出てくるからです。
その為、自分の仕事の領域の新しい技術の習得は、意識的に取り入れなければなりません。

技術が一変するようなことは起こりにくいのですが、徐々に、少しずつ、技術は変化していきます。
その変化の情報は自分一人では捉えられず、一緒に働く他のフリーランサーや、参加するプロジェクトのメンバーなどから積極的に収集する必要があります。



又、情報をもらえるようになるには。

こちらから、有用な情報を発信する必要があります。



これらを効率的に行うにはある程度の緩い関係性を持った人達との交流が欠かせません。



その意味では企業で働く時より、人との付き合いが重要になってきます。
セミナーや発表会などを利用し、自分の価値を高めて、仕事の依頼が来るように常に向上する事を目指さなければなりません。

しかしながら、自分の領域に大きな技術的な変化が起こると、その仕事さえもが消えてしまう事があります。フリーランスで働くなら、自分の領域と繋がった領域、言葉を替えるなら、自分の仕事が流れていく領域に関心をもって、何時でも移れるように、準備をしておくことが必要です。フリーランスはこのリスクを抱えていることを理解しておくことが重要です。

Copyright (C) 2016 フリーランスでのリスク All Rights Reserved.